SEOツール選び方はどうしていますか?

MENU

検索順位の上下が気になる全てのウェブマスター様へ 検索順位を調べるなら、検索順位チェックツールGRC多数のSEO対策会社で採用の実績 無料版もあります

SEOツールのいろいろ

ここでは、SEO対策で使用されているSEOツールについて紹介します。

 

・キーワード最適化ツール
サイトを運営するうえでは、キーワードの選出が非常に大切です。
このSEOツールを使用すると、検索ボリュームを知ることができます。
また、該当するサイトにおけるキーワードの最適化も行えるのです。

 

・関連ワード.com
関連キーワードをチェックできるSEOツールになります。
「ワード検索」の機能を使えば、関連キーワードを表示させることができます。

 

・フェレット
Yahoo!の検索エンジンを使用している方が多用しているSEOツールです。
キーワード検索回数、関連キーワードをチェックすることができます。
Yahoo!の検索回数を把握するのに重宝するでしょう。
流行キーワードの検索においては、あまり得意ではありません。
フェレットは、最近はGoogleからデータも取り入れて数値化しています。

 

・LSI調査
キーワードの共起語をチェックするうえで重宝するSEOツールです。
検索エンジン上位10位(Google)のサイトを参照して、記事内から単語ランキングを分析・紹介してくれます。
SEOツールのなかには、無料で使用できるタイプもあります。

 

無料版は、使い勝手を知るために提供されているものです。
有料版よりは機能は劣りますが、大まかな使い勝手が分かります。
いきなり有料版を使用するよりは、無料版を体験してから移行するのがよいでしょう。
有料版とはいえ、やはり相性はあります。

 

継続的に使用することになるのですから、使い勝手は無視できません。

SEOツールには、無料版も数多くなっています。
無料版とはいえ、最低限の機能は兼ね備えています。
小規模な運営サイトならば、無料のツールでも大いに役立つでしょう。

 

・検索エンジン一括順位チェックツール
「Yahoo!」「Google」「MSN」の3つは、日本の検索エンジンの主流とも言えるものです。
サイトの指定URLを入力して検索すれば、サイトの順位を把握することができるのです。
各検索エンジンにおいて、100位まで調べることができます。
101位からは表示圏外になるので、表示圏内になるようにSEO対策を詰めていきましょう。

 

・キーワード出現度解析ツール
テキストボックスにサイトURLを入力して使用するSEOツールです。
サイト内において、キーワードがどのくらい使われているのかを調べることができます。
単語数などを調べることもできるので非常に便利です。
効果的なSEO対策のためには、サイトにおけるメインキーワードの割合は5%程度だと言われています。

 

・HTMLソース表示ツール
テキストボックスにサイトURLを入力して使用するSEOツールです。
サイトURLのソースを表示してくれます。

 

インターネットエクスプローラーで制作しているサイトのほか、EUCコードを使用して制作しているサイトにも利用できます。
サイトのソースを手軽に調べたい方に最適なSEOツールです。

 

SEOツールを上手に活用すれば、売り上げのアップにつなげることができます。
サイト開設当初は、SEO対策が特に重要となります。
一気にアクセス数を増やしたほうが、今後の流れがスムーズになります。